栗原市企業連絡協議会 会員企業詳細

野口建設 株式会社

業種 建設業
代表者 代表取締役社長 野口 典秀
市内の拠点
987-2211
栗原市築館字源光12-24
電話:
0228-22-2102
FAX:
0228-22-1091
E-Mail:
[javascript protected email address]
担当者:
URL:
企業概要
設立年月:
昭和12年4月12日
創業年月:
昭和26年1月16日
資本金:
7,000万円
敷地面積:
404,097平方メートル
工場建物:
3,889平方メートル
従業員数:
男44人 女6人 計50人
 
認証・資格取得:
ISO9001:2008(品質管理)
みちのくEMS(環境管理)

生産品目:
アスファルト合材生産・販売、産業廃棄物中間処理業、SP免震基礎工法
       PUBB工法、bDパイル
主要取引先:
国土交通省、宮城県、ネッツトヨタ仙台、栗原食肉他民間企業
本社所在地
:〒987-2211 栗原市築館字源光12-24
主要設備及び機械・装置(車両含む)
中間処理工場(コンクリート塊・アスファルト塊)
インパクトクラッシャー 75t/h 1基
1600型アスファルトプラント(NAP-BD-1600ABFアスファルトプラント)
全自動バッチ式アスファルトプラント(30型リサイクルユニット併設)120t/h 1基
企業PR (セールスポイント 一押し技術等)

 弊社は昭和12年より総合建設業を営んでおります。
先の3.11東に本題震災で我々の郷土は大きな被害を受けました。震災後の地域の復興を考えたとき、地域の方々が安心して住める地域づくりのお手伝いを出来ないかという思いで、「SP免震基礎工法(震度6強クラスの地震を、建物に対しては震度3〜4クラスに軽減、特に軟弱地盤(田んぼや沼等の埋立地、造成地)での免震効果が大きい工法)」「PBB工法(特殊な杭(bDパイル、またはブレードパイル)を使って地震等で傾いた住宅を基礎ごと元に戻す工法)」を導入しました。

 今後も技術とサービスに磨きをかけ、お客様に「野口建設に頼んでよかった」と言っていただけるよう、努力を続けていこうと考えております。今後ともより一層のご愛顧をよろしくお願い致します。
※参考 宮城県優良工事をH22年は6件(土木5件、建築1件)、H23年は4件(土木4件)受賞しております。

このページの先頭に戻る